立位姿勢と臥位姿勢の比較

立位姿勢や歩行解析といった起きている時の姿勢研究に比べて、睡眠姿勢の研究は乏しく、評価するスタンダードな方法さえありません。当初はそれを嘆き、何を指標に臥位姿勢を研究すればよいか思案していました。

しかし、嘆くことなかれ。視点を変えてみると、立位姿勢の評価方法の中に臥位姿勢にも応用できるものがあります。それが次のパラメータです。

6つのパラメータである矢状面バランス(SB)、仰臥位頚椎傾斜角(SCT)、頚椎の前方への彎曲度合い(石原指数)、胸椎の後方への彎曲角(TK)、腰椎の前方への彎曲角(LL)、骨盤の回旋角(PT)について、立位姿勢と臥位姿勢で比較しました。

なんと6つすべてのパラメータが、立位から臥位で有意に変化したことがわかりました。頚椎、胸椎、腰椎のすべての彎曲が減少し、背骨全体の凹凸が平坦化して直線に近づき、骨盤も前に傾きました。

要するに、6つのパラメータを用いると、立位と臥位は明らかに違う姿勢であることが証明できました。

最も注目すべきは、臥位姿勢のバランスの良し悪しを判断するための矢状面バランスです。矢状面バランスとは、C7水平線(C7HL)と大腿骨頭線の距離で、体を横から見た時の背骨全体と骨盤・下肢の位置関係を評価する指標です。

矢状面バランスは8歳でも69歳でも、立位ではマイナスバランス(下肢より背骨が後ろにある状態)だったのが、臥位では自然とゼロバランス(下肢と背骨が一致)に近づいています。

高齢者ではゼロにはならなくても、立位より減少しバランスが改善するのがわかります。つまり睡眠姿勢とは、どんな人にとっても姿勢バランスが改善する方向に向かうということがわかります。このバランスが崩れる枕などを使っていると肩こりが枕によって引き起こされることになります。

正しい睡眠姿勢で眠ることが大切なのです。

ただし、加齢に伴って骨や関節の変形が進み体が硬くなると、バランスが元通りに改善するのは難しくなります。ですから、少しでも早い時期から睡眠姿勢を見直し、負担をかけない姿勢を心がけ、変形などを最小限に留めながら年を重ねることが大事なのです。